ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガ手術のリスク

 

ワキガの治療法には色々ありますが、根本的に治すには手術が必要だと言われています。

 

ワキガ手術は、様々な方法がありますが、基本的には皮膚を切開するなどして、原因となっているアポクリン汗腺を取り除くという方法です。

 

まず考えなければならないのは、ワキガ手術のリスクでしょう。

 

わきの下の皮膚を切るわけですから、傷跡が残るでしょう。

 

最近は技術の進歩により、切開する長さが短くなり、跡もそれほど残らなくなったとはいえ、人によって個人差があることでしょう。

 

また、ワキガ手術のリスクとして、術後の再発も多いということがあります。

 

手術をしたのにまた臭くなったというケースはよくあるようです。

 

さらにリスクとしては、後遺症や合併症もあります。

 

術後に血腫や皮膚壊死が生じることもあるようです。

 

それらも再手術で治すことは可能ですが、手術を受ける前によく考える必要があるでしょう。

 

ワキガ手術のリスクを減らしたいのなら、吸引法や超音波法もあります。

 

ただし、これらの方法はワキガの症状が軽症から中度に限られるようです。

 

手術の前によく考えることは大切ですが、あまりにもワキガ手術のリスクを重視し過ぎると、自分の症状に合わない治療法を選んでしまうことになりかねません。

 

ワキガ手術のリスクについては担当医とじっくり話し合い、自分にあった治療法を選ぶとよいでしょう。