ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガ手術と保険

 

ワキガ手術を行う場合、保険適用の場合とそうでない場合があります。

 

ワキガ手術は病気の治療と言うより、悩みを解決するものととらえられているからです。

 

しかし、手術の方法がメスで皮膚を大きく切開するようなものであれば、適用されることが多いようです。

 

剪除法でワキガ手術をした場合、保険が利くと5万円前後で手術ができますが、利かないと30万近く支払うことになります。

 

手術の方法にもよりますが、同じ手術でも保険が利く病院とそうでない病院があるので、事前によく確認しておく必要があります。

 

皮膚科や形成外科を備えた総合病院などは、適用される場合が多く、美容整形外科では、適用される病院もまれにありますが、されない場合がほとんどなので注意が必要です。

 

ワキガ手術は、美容整形よりも総合病院で治療をするほうが、費用面では負担が軽くすみますが、ワキガ治療を専門にしている美容整形のほうが、治療の実績が多く医師の技術が高いという見方もあります。

 

ワキガ手術は保険適用とそうでない場合の自己負担額にはかなりの差があり、病院を選ぶ際の重要な判断基準ではありますが、安いからと言うだけで決めてしまうと後で後悔することにもなりかねません。

 

健康保険が適用されなくても、生命保険で手術費や入院費が出る場合もあるので、色々な可能性を考えた上で慎重に病院を選びましょう。