ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガ手術のデメリット

 

ワキガ手術をするデメリットは、手術をしても完治しない可能性があるということです。

 

様々な手術方法がありますが、どんな手術をするにしても、メリットとデメリットがあり、デメリットのない治療方法はありません。

 

最先端のワキガ手術で超音波治療法と言うものがあります。

 

これは皮膚を大きく切開せずに、アポクリン腺、エクリン腺を破壊してくれる今までにない画期的な手術方法です。

 

比較的デメリットの少ないワキガ手術と言われていますが、最先端の治療法のため行っているクリニックが少なく、経験のある医師も多くないのが現状です。

 

傷跡が残りにくいワキガ手術として、皮膚に穴をあけて細い管を挿入し、アポクリン腺、エクリン腺を吸引する皮下組織吸引法がありますが、完全に取り除くことができない上に、他の組織を傷つける可能性があります。

 

医師が自分の目で見て、一つ一つアポクリン腺を取り除く剪除法は、完治する可能性が高い手術ですが、傷跡が残りやすく、結果が医師の技術に大きく左右されるというデメリットがあります。

 

どんな方法で手術をするにせよ、リスクが伴うことは避けられません。

 

リスクの低い手術をしたとしても、完治しないどころか医師の技術によっては、傷跡が残る可能性もあります。

 

また、同じワキガ手術でも病院や医師が違えば、結果も違ってきます。

 

失敗する可能性を最小限に抑えるためにも、病院や医師選びはとても重要です。