ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガ手術のメリット

 

ワキガ手術は、汗を分泌するアポクリン汗腺そのものをわきから取り除きます。

 

よって、ワキガ手術のメリットは、匂いそのものが大幅に減少し、汗を掻きにくくなるという点でしょう。

 

また、わきの部分の汗腺が、ワキガ手術によってなくなったとしても、ほかの部位にある汗腺で補われるため、発汗機能についての心配は、ほぼありません。

 

脇の汗の量が減ることにより、衣類の黄ばみが起こりにくくなることも、そのひとつと言えます。

 

一番のメリットは、ワキガの臭いで感じていた精神的なストレスが解消できることです。

 

また、各ワキガ手術法にもメリットがあります。

 

ます直視下剥離法とは、アポクリン腺を直接目視しながら切開する方法です。

 

この方法ですと、血管やリンパ腺などの重要器官を傷つける危険がありません。

 

アポクリン腺を吸引して除去する吸引法というものもあります。

 

これは皮膚への負担が少なく、手術痕への色素沈着が起こりにくいメリットがあります。

 

超音波法は、わきに開けた小さな穴から超音波の発振器を挿入し、超音波を利用してアポクリン腺を破壊するという手術法ですが、これも傷跡が少ないのが利点です。

 

マイクロレーザー法は、小さな穴を皮膚に開け、そこから入れたレーザー発振器でアポクリン腺を焼く手術法です。

 

これは手術時間が短いというメリットがあります。

 

各ワキガ手術にはこのようなメリットがありますので、医師とよく相談して手術方法を選択しましょう。