ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




脇毛を脱毛するとワキガの臭いはきつくなるの?

 

ワキガの症状の一つとして、脇の臭いがあります。

 

ワキガではなくても、脇毛があることで臭いの原因になりえます。

 

臭いの原因となる細菌は、脇毛の毛穴に多く発生します。

 

よって、脇毛を脱毛することは、その細菌が繁殖する箇所を少なくすることになります。

 

このため、脇毛の脱毛の目的は、ワキガの臭いを抑えるというのが本来の考え方です。

 

しかし、脇毛の脱毛をした後に、ワキガの臭いがきつくなったという人がいる事実があります。

 

これについては、理由や原因はわかっていません。

 

可能性としては、脱毛した時の刺激によって、臭いの元となるアポクリン腺の働きが活性化されたということがあげられます。

 

この可能性が本当であれば、脱毛方法として現在一般的に使われているレーザー脱毛について、考え直す必要が出てきます。

 

レーザー脱毛は、アポクリン腺を破壊せずに刺激を与えていることになるため、脱毛効果のほかに、臭い解消を期待する人にとっては逆効果になります。

 

高圧の電気を利用する電気凝固法という脱毛法は、アポクリン腺を凝固させてしまうので、臭いには有効ということになります。

 

脱毛と一緒にワキガの臭いも解消したい人にとっては、電気凝固法が良いということになります。

 

臭いの感じ方は人それぞれです。

 

また、自分の思い込みで実際には臭いはしなくても、精神的に臭いと感じてしまっている人もいます。

 

その場合は、脱毛とは関係ないので、根本的な問題を解決することが先になります。