ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガの診断方法はあるの?

 

ワキガの悩みは、人それぞれです。

 

自分がワキガではないかと悩みながらも、恥ずかしいからと、他人に相談することもできずにいる人も多くいます。

 

自分はワキガだと思っていても、実際には違うことも多くあります。

 

自己診断だけではなく、正しい診断方法を知ることが大切です。

 

正しい診断方法を知ることで、効果的な治療を受けることができます。

 

そうでなければ、治療を行っても無駄になってしまう可能性もあります。

 

診断方法として、まず発症時期があります。

 

思春期に発症し、歳を重ねることにより軽くなっていくことが多く、成人になって発症することはほぼありません。

 

次に、耳垢の状態でも判断できます。

 

ワキガの人は、外耳道にある汗腺も発達しているため、耳垢が湿っています。

 

また、遺伝することがあります。

 

親族にワキガの人がいるかどうかも診断の一つになります。

 

汗が多いことや、わき毛が濃いことは関係ありません。

 

衣類の黄ばみは、他の原因も多く考えられるため、あまり参考にはなりません。

 

自分の思い込みによってワキガだと判断している人は、精神的な負担が大きく、実際に臭いはなくても、自分は臭いのでは?と悩んでしまいます。

 

この場合は、しっかりとしたカウンセリングが必要となります。

 

特に思春期に発症することで、悩んだり、いじめの原因になってしまったりしないよう、早めに診断して治療を開始することが大切です。