ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガと女性

 

ワキガが女性に多いというのは事実のようです。

 

これは、女性の体質によるものです。

 

ワキガの臭いの原因となるのはアポクリン汗腺ですが、女性の場合は、このアポクリン汗腺の数が男性よりも多いのです。

 

この汗腺は女性ホルモンに関わっているのですが、活動も激しいため女性に多いと考えられています。

 

また、女性は男性よりも皮下脂肪がつきやすいものです。

 

皮下脂肪もアポクリン汗腺や皮脂腺に作用してしまいます。

 

そのため、男性より女性のほうがワキガになりやすい体質になってしまうのです。

 

そして、ワキガの臭いは動物性食品の多い食生活でも強くなります。

 

女性はスイーツ好きが多いですが、それも原因と考えられています。

 

アルコールも汗腺を活発にします。

 

最近の女性はワインや焼酎を飲む機会が増えたためそれも要因といえるでしょう。

 

また、ストレスでも臭いが強くなります。

 

仕事での責任感が強く我慢強い人は、ストレスを感じることが多いものです。

 

女性なら誰でも、わきのお手入れは欠かせませんが、自己処理で刺激してしまうことがあるので気をつけましょう。

 

刺激されてしまうと、汗腺の働きがおかしくなってしまうこともあるので、無理な脱毛は自分で行わない方が良いです。

 

女性ホルモンが関わっているので、加齢によりワキガが軽くなる場合もあるようですが個人差があり、その人によっては全く変わらない場合もあるようです。