ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガと多汗症の違いは?

 

ワキガと多汗症をまったく同じものだと考えている方は、意外と多くいらっしゃいますが、この2つはまったく別々のものであることを先に知っておく必要があります。

 

この2つの大きな違いは、そもそも汗の元となる腺が別々であるということです。

 

ワキガの場合でしたらその汗は、アポクリン汗腺というわきの下にある汗腺から出ます。

 

この汗腺から出た無臭の汗が、鉄や脂肪酸をたくさん含んでいますので、それが肌にいる雑菌と混ざり合うことによって、特有の強い臭いが発生してしまいます。

 

一方、多汗症の場合でしたら、その汗はエクリンという汗腺から出るものです。

 

このエクリン汗腺からでる汗は、そもそも体温を調整するための汗で、ワキガの原因となるアポクリン汗腺からでる汗とは成分が違うので、臭いはそんなに強くありません。

 

そもそも緊張しやすい方は、よく汗をかきます。

 

また、太った体型の方は、運動などで軽く体を動かしただけでも汗をかきます。

 

これらは変わったことではなく、生理現象といえますが、このような汗は健康維持のための必要な汗なので、心配することはないといえるでしょう。

 

このように、ワキガと多汗症の違いはその臭いの強さであるといえますが、結局のところどの程度の強さの臭いがワキガであるか、または多汗症であるかは判断しづらいといえるでしょう。

 

ですから、自分がワキガなのか多汗症であるのか分かりかねる場合には、専門医のところで正確に診断してもらったほうが良いかもしれません。