ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガはどんな臭いがするの?

 

ワキガの臭いは、汗臭さとは違った独特のにおいが特徴です。

 

良く例えられるのが、鉛筆の芯の臭い、ネギの臭い、金属の臭い、クミンというスパイスの臭いなどです。

 

ワキガの臭いは、鼻にツーンとくるような独特で強烈な臭いがしますので、汗のすっぱい臭いとは全く違います。

 

ワキガが臭うのは、汗腺に関係があります。

 

汗腺とは、全身に張り巡らされている汗を出す器官のことで、大きく分けるとエクリン腺から出る汗、アポクリン腺からでる汗、皮脂腺の3類があります。

 

これらの汗の質や機能はまったく異なります。

 

体温が高くなり体温調節が必要とする時に出る汗が、エクリン腺です。

 

皮脂腺は脂肪分を出す器官です。

 

一方、アポクリン腺から出る汗は、独特な臭いがあるのが特徴で粘り気もあります。

 

その汗が細菌などに分解され、汗臭さ以外の臭いを発するようになります。

 

このアポクリン腺は、わきの下や乳輪・乳頭、陰部、耳の中など、身体の特定部分にしかありません。

 

ここから出る汗の成分は、たんぱく質やアンモニア、鉄分、脂質、脂肪酸などが混じっており、ホルモンの影響を受けやすいといわれています。

 

しかし、ワキガのにおいの元の原因は、エクリン汗腺と皮脂腺も関わっていることがあります。

 

もし、汗くさいと感じたら、ワキガでないかチェックしてみるのもいいでしょう。

 

ストレスがたまっている、脂っこい食べ物が好き、冬場でも汗をかきやすい、靴下のにおいがきつい、耳垢が湿っていて柔らかい、家族にワキガの人がいる場合はご自身もそうである可能性があるかもしれません。

 

その場合は、予防や対策を考えましょう。