ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




わき毛を抜くとワキガになりやすいの?

 

わきの下の汗を抑える働きをしてくれているのが、わき毛です。

 

ただ、この脇毛があると、ワキガの臭いが周囲に広がる原因となることがあります。

 

ですから、ワキガの方で悩んでいる方は、わき毛の処理も大切です。

 

ただし、間違ったわき毛の処理をすると、逆に悪化してしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

特に自己処理で脱毛する場合は気をつけてください。

 

一番負担がかかるのが、毛抜きによる処理です。

 

わき毛をむりやり抜くと、アポクリン腺に刺激が加わり、汗腺類から分泌物が多く出るようになってしまいます。

 

また、今までよりも大量の汗をかき、ワキガの臭いが酷くなるケースもあります。

 

いやな臭いの原因はアポクリン汗自体ではなく、毛穴に汗や汚れが溜まり、それが細菌に分解されて起こります。

 

特にわきの下に集中しているアポクリン汗腺は、細菌が大好きな餌が豊富に含まれているため、臭いも発生しやすくなります。

 

ワキガの人で、自己処理で行う場合は、毛抜きではなくシェイバーを使用しましょう。

 

なるべく肌に余分な負担を与えない方法を選び、やさしくケアすることが大切です。

 

もし、それでも不安な場合は、専門家や病院でカウンセリングを受け、適切な処理を行いましょう。

 

また、レーザーによるワキガの外科治療も一般的になってきていますので、専門医に相談してみるのもよいでしょう。