ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




毛深い人はワキガになりやすいの?

 

毛深い人の全てがワキガということはありませんが、一般的に毛深い人や汗を大量にかく人ほど、そういった傾向があるようです。

 

では、体毛の多さとワキガとは、何か関係があるのでしょうか。

 

実は大変に関係があります。

 

その理由は、ワキガの原因にあります。

 

ワキガはアポクリン腺から出た汗が皮膚の細菌によって分解され、そのために臭いがきつくなります。

 

汗腺にはアポクリン腺とエリクリン腺の2種類があります。

 

エリクリン腺から出る汗は、体温調節のためのもので、その成分のほとんどが水分です。

 

それに対して、アポクリン腺からはタンパク質や脂肪などを含んだ粘り気のある汗が出ます。

 

また、その役割も体温調節とは別にフェロモンが関係していると考えられています。

 

先祖がフェロモンを発してパートナーにサインを送っていたころの名残です。

 

このアポクリン腺は毛根にあるのですが、全身のどの体毛の毛根にも存在しているというわけではありません。

 

陰部や耳の中、わきの下など一部の体毛の毛根にだけ存在しています。

 

毛深い人はそれに比例して、アポクリン腺も多くあるということになりますから、ワキガになりやすいのです。

 

そればかりではありません。

 

体毛が多いと、少ない人に比べて汗が皮膚にとどまる時間が長くなり、細菌が繁殖しやすい環境になります。

 

このようなことから、毛深いとワキガになりやすくなると考えられます。