ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガは人に移るの?

 

ワキガとは、アポクリン腺といわれる体の特定の部位にある汗腺が、特に思春期以降に性ホルモンの影響を強く受け、わきの下から発する特有の不快な臭いをもつものです。

 

私たちの肌は、空気中の雑菌から守ってくれる弱酸性の皮膚膜で覆われていますが、時間とともにこの皮膚膜が酸化した脂肪酸に分解されて臭いを発するのです。

 

ワキガ体質は、遺伝する確率が高く、体臭は人によっても違いますが、アポクリン腺が多い人ほど分泌量が多くなり、汗となって臭いも強くなります。

 

汗のなかには独特の臭いを作り出すたんぱく質やアンモニアが含まれており、汗をかく量が通常よりも多い人ほどワキガがおこりやすくなります。

 

今まで自覚していなかったのに、性ホルモンが急に増加するとアポクリン腺が成長し、臭いが強くなり気になることがあります。

 

しかし、ワキガの原因は、細菌がアポクリン腺からの分泌物を分解し、その時に発する臭いによるもので、ワキガそのものが伝染することはありません。

 

もちろん、体質は遺伝性がありますが、アポクリン腺自体は人にうつりませんので、衣類を借用して着たからと言って心配することはありません。

 

ワキガ体質の人の特異な物質が、洋服と一緒に着用した人のわきや下着に付着して、一時的には臭いがすることもあるかも知れません。

 

しかし、それはアポクリン腺によるもので、感染することは考えられません。