ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




重曹を使う

 

重曹の正式名称は炭酸水素ナトリウムと言います。

 

最近では害の少ない洗剤代わりに使用されることが多くなりました。

 

この物質に含まれるアルカリ成分による消臭作用をフルに活用することで、ワキガ対策としても有効に使用することができます。

 

 

ワキガは主にアポクリン汗腺から排出される酸性物質が原因で生ずる悪臭であり、重曹のアルカリ成分で中和することで、ワキガの臭いが抑えられるというわけです。

 

重曹には、このような中和による消臭作用の他に殺菌作用もあり、その殺菌作用もまたワキガ対策において有効であると言われています。

 

重曹は、敏感肌の方も安心して使用することができます。

 

一般に、重曹石鹸として出回っていますが、使用する際には、水で溶いてスプレーにするとよいでしょう。

 

あるいはパウダー状にして使うという方法もあります。

 

さらに、ミョウバンと組み合わせれば、効果を倍増させることができます。

 

ただ、重曹をワキガ対策に使用する際には注意点があります。

 

重曹中のアルカリが脇の下から発する臭いを抑えてくれるのは良いのですが、表皮のブドウ球菌までもが洗い流されてしまいます。

 

その結果、アルカリを好む黄色ブドウ球菌等有害菌が増殖し、かえって強烈な臭いを発してしまうことがあります。

 

ワキガ対策として重曹を使用するのは良いですが、くれぐれも使い過ぎないように注意しましょう。