ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガとアポクリン腺の関係

 

ワキガの臭いの原因となるのは汗ですが、この汗の分泌腺にはエクリン腺とアポクリン腺があります。

 

エクリン腺から出る汗は、体温調整のために出る汗で、夏の暑い日や運動をしたりするとかくサラサラの汗です。

 

汗は、99パーセントが水分で1パーセントが塩分です。

 

エクリン腺から出る汗は、粘り気がなく弱酸性で皮膚表面を守る汗でもあり、皮脂腺から出る皮脂を混ざることで肌をなめらかにします。

 

その一方で、アポクリン腺はもともとフェロモンを発するためにあったとされていて、臭いを発生するための汗腺で、これがワキガに関わっているのです。

 

アポクリン腺から出る汗は粘り気があり、脂肪分やたんぱく質が含まれていますが、この成分が体の雑菌の栄養となってしまいます。

 

そして、雑菌が汗を分解する時にワキガの臭いが起きてくるのです。

 

アポクリン腺は、脇の下や性器、耳の中、まぶたの縁にあります。

 

汗をかいたら、できるだけ清潔にしたいものです。

 

シャワーをすぐに浴びることができなくても、濡れたタオルやウェットティシュで汗をふき取れば臭いを抑えることはできるでしょう。

 

アポクリン汗腺や皮脂腺からの分泌物が、微生物の栄養になってワキガがおこるのです。

 

汗を分解させないように注意をすることで、ワキガの臭いの発生を抑えます。

 

もし、ワキガが気になるような時には、消臭効果のある制汗剤を使ったり、消臭効果のあるタブレットなどのサプリメントを試してみたらよいかもしれません。