ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ミョウバン水を使う

 

ワキガの強烈な臭いの悩みを解消してくれるものの一つに制汗剤があります。

 

市販のものでもよいですが、肌かぶれをできるだけ抑え、ワキガ対策を行いたいのなら、自家製のものを選ぶのがよいでしょう。

 

自宅で簡単にできるワキガ対策の1つが、ミョウバン水を使用したものです。

 

 

ミョウバン水は漬物やベーキングパウダーの他、従来体臭予防にも使用されています。

 

また、ミョウバンが水に溶けると酸性に変わり、細菌が繁殖しにくくなり、ワキガ対策としても効果的です。

 

また、肌が敏感な子供のアトピー治療のためにも専門医が積極的にすすめており、市販の制汗剤を使用していて肌がかぶれたことがあったという人におすすめです。

 

ミョウバン水の作り方は非常に簡単です。

 

まず、焼ミョウバン50gを水1.5Lに混ぜてミョウバン原液を作ります。

 

ミョウバンが溶けない場合は、蓋をして2〜3日間しばらく放置しておくとよいでしょう。

 

生ミョウバンを使用する場合には、水1.5Lに対し生ミョウバン75gが必要です。

 

その後、そのミョウバン原液を、水で20〜50倍に薄めるだけで、安心して使用していただけます。

 

お風呂にミョウバン原液30〜50ccを入れて入浴すれば効果が即効で現れるでしょう。

 

本格的な夏を迎える前に自家製ミョウバン水を使って、より経済的にワキガ対策を行いましょう。