ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




消臭スプレーを使う

 

ワキガとは、アポクリン汗腺から分泌されるアンモニアなどを含んだ汗と雑菌が混ざり合って繁殖することで、強烈な臭いを発する病気のことです。

 

ワキガの治療では、手術によってアポクリン汗腺そのものを取り除いてしまうケースも少なくありません。

 

しかし、費用のことや術後の傷跡などを考慮すると、なかなか手術をしようと踏み込める人は多くないのではないでしょうか。

 

そういったこともあり、一般的にワキガ対策として多くの方は、ドラッグストアなどで消臭スプレーを購入して使っているようです。

 

 

消臭スプレーの中には、不快な臭いの元となる成分を無臭化してくれる成分が含まれています。

 

値段もお手ごろで、簡単に使えることから、ワキガに悩む人だけでなく、夏場など汗をよくかく季節など、普段は臭いの気にならない人もよく使用するようになります。

 

しかし、消臭スプレー使う場合には、注意が必要となります。

 

消臭スプレーには無香料のものもありますが、消臭スプレー自体になんらかの香りがついていることがあります。

 

スプレーの効果は数時間程度ですので、効果が切れた時に再びスプレーできる環境にいなければ、ワキガの臭いと消臭スプレーの臭いが混ざりあって、より不快な臭いを発することもあります。

 

こういったこともありますので、消臭スプレーを選ぶ際には、なるべく無香料のものにするといいでしょう。