ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




制汗剤を使う

 

ワキガは女性にとっては、かなり深刻な悩みです。

 

この悩みを解決するには様々な方法がありますが、手術などでワキガの臭いの元であるアポクリン腺を除去することによって、ワキガの臭いをなくすことができます。

 

しかし、ワキガの手術は副作用や高額な費用の問題があるため、多くの人が避けています。

 

そこで、多くの方が用いる方法は制汗剤です。

 

 

一般的にこの方法が手軽で費用も安く済むため、多くの方が制汗剤を使用しています。

 

しかし、制汗剤にはいくつかのマイナス点があります。

 

例えば、体臭とその制汗剤の臭いが混ざってしまい、ワキガの臭いをさらに強烈なものとしてしまう場合があります。

 

また、人によっては、制汗剤の臭いが合わないといった方もいます。

 

また、最初はよかったものの、だんだん効かなくなってくることもあります。

 

さらに色素が沈着してしまう可能性もあるのです。

 

しかし、塩化アルミニウムが配合された制汗剤を使用する場合には、その塩化アルミニウムが汗腺に対し直接的に作用するため、汗そのものに対しての効果を期待することができます。

 

残念ながら日本では塩化アルミニウム配合の制汗剤は一般的ではなく、あまり販売されていないので、よく成分を調べて購入されるといいかもしれません。

 

いずれにせよ、一時的に臭いが発生することを抑えるには効果的だと言えるでしょう。