ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




お酒を控える

 

ワキガ予防のためには、お酒などの嗜好品にも注意が必要と言われています。

 

お酒を飲むと身体がほてり、さらに暑くなる場合があります。

 

暑くなると、汗をかくのですが、これは汗線の活動を促しているから起きる現象です。

 

汗をかくということは発汗状態にあり、臭いの要因となりますのでワキガ臭の原因になります。

 

さらにはアルコールが代謝され始めると、酢酸の関係で臭いがさらに強くなります。

 

これらのほとんどは、排尿で排泄されますが、一部は汗や呼気からも排出されます。

 

これは、ワキガ臭をさらに増加させることになります。

 

つまり、アルコールというのは、アルコールそのものも臭うのです。

 

それを飲酒することで、発汗を増加させて、アルコールが代謝されると臭いが増します。

 

そのため、悪循環の結果を招くことになるのです。

 

しかし神経質になりすぎて、これが逆にストレスになってしまうのは逆効果です。

 

ですが、ワキガの臭いを抑えるためにも、極力お酒は控える方がいいと言えるでしょう。

 

また、ワキガ手術を受ける方は、手術の前後は我慢するのが良いと言われています。

 

お酒を飲むと鼓動が早くなるように、血液循環の作用を高めてしまいます。

 

内出血を起こしやすくもなりますし、出血すると止まりにくくなっていまいます。

 

自分の身体の安全のためにも、手術前後はお酒を控えるようにしましょう。