ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガの臭いを抑える食品

 

欧米人の8割がワキガで、予備軍を含めればほぼ全員がワキガと言われるほどです。

 

その理由の一つに、昔からの食生活が大きく関わってきています。

 

欧米食文化の代表的なイメージとしては肉があがります。

 

他にも乳製品などを含み、高カロリーで高脂肪な食事が多く摂られてきました。

 

摂取カロリーを過剰摂取すると、皮下脂肪が蓄積されていきます。

 

まさにこの皮下脂肪が汗線を刺激して、多汗となり腋臭の原因となっていくのです。

 

その反対に日本人は古来から、魚や野菜を中心とした食事が多く摂られていました。

 

高たんぱくな食生活だったので、体臭が少ないことにも結びついていたのです。

 

ワキガを抑えるには、新陳代謝を促すことや細菌の繁殖を防ぐことが求められます。

 

例えば、にんじんやほうれん草などの緑黄色野菜です。

 

緑黄色野菜には、ビタミンAが含まれており新陳代謝を促してくれます。

 

また、肌の抵抗力も高めてくれるので、臭いの原因の細菌繁殖を防いでくれます。

 

他にもビタミンEを摂取すると、過酸化脂肪の発生が抑えられるので臭いが防げます。

 

ビタミンEは日本人には慣れ親しみのある胚芽や胡麻などに多く含まれています。

 

納豆や味噌汁、豆腐などの大豆食品は良質なタンパク質なので良いとされています。

 

まさに日本人が昔から摂取してきた和食そのものが、ワキガの臭いを抑えるための食品です。