ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




食べ物に気をつける

 

年々ワキガを持つ人は、増加傾向にあるといわれています。

 

しかし、気付いたらワキガになっている場合が多いので、対処方法に悩む人が多いのです。

 

ワキガで悩む人は、汗を吸収するグッズや制汗剤を使う人も多くいます。

 

そり他に、普段の食生活を気をつけることでも、汗を抑えることは可能です。

 

そのためには、昔からの日本食、和食を習うといいとされています。

 

日本食とは、魚や豆など良質なたんぱく質と野菜や海草中心の食事のことです。

 

そのため、昔から日本人は海外に比べてワキガ人口が少ない人種とされてきていました。

 

今は健康にも着目されていますが、高カロリー・高脂肪にならないようにすることです。

 

肉を食べてはいけないということではありませんが、魚を中心にするといいでしょう。

 

チーズやバターなどの乳製品やケーキなども高脂肪のもとになるので気をつけましょう。

 

高脂肪といえば、他にも揚げ物や油っぽいもののことを指します。

 

ファーストフードやコンビに弁当、スナック菓子もその対象となってきます。

 

まず、ワキガの臭いを軽減するためには野菜を摂取すると良いでしょう。

 

特に緑黄色野菜にはビタミンAが豊富で、新陳代謝の働きを助けてくれます。

 

他には、胚芽や胡麻を摂取することが勧められています。

 

これらにはビタミンEが多く含まれており、ワキガ臭の根本の発生を抑えてくれるのです。