ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガ手術と傷跡

 

ワキガには、手術がもっとも手早く効果的であると言われていますが、費用の面やワキガ手術をした後の傷跡への不安を理由に躊躇されている方も少なくありません。

 

そもそも、ワキガを完治させる手術というのは、ワキガの原因となっているアポクリン腺と皮膚を切り取り、縫うという行程になります。

 

そのため、どうしても手術後に傷跡が残ってしまうのは避けられません。

 

しかし、手術後の過程には個人差がありますが、一般的には、ワキガの治療手術した後の傷跡は白い痕となり、だんだんと薄くなり、目立たなくなります。

 

しかし、ケロイドになりやすい体質の方の場合、数ヶ月にわたって赤くはれ上がってしまい、痒みや痛みも出てきてしまう可能性があります。

 

さらに、そのケロイドの症状が重い体質の方の場合、手術後の傷跡が周りに広がって悪化してしまうケースもあります。

 

また、人によって様々なケースがあり、傷跡がひどくなってしまったり、逆に一見しただけでは分かりにくい傷跡になるなど、傷跡も異なってきます。

 

このように、ケロイドになりやすい体質の方は、事前に手術後の傷跡についてカウンセリングをするなど、納得いくまで医師と話し合う必要があります。

 

手術の時にワキガ症状の改善を優先にするのか、傷跡を目立たないようにすることを優先にするかは、自分自身で決めておく必要があります。