ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガ手術の種類

 

ワキガの根本的な治療は手術です。

 

ワキガの原因となる汗腺を取り除いてしまうので、汗もにおいも減少させることが可能だからです。

 

しかし、希望する人全員にワキガの手術ができるとは限りません。

 

基本的に、ワキガの手術前には試験切開が行われます。

 

これは1から2ミリほど皮膚を切り開き、皮膚の裏のアポクリン腺を確認します。

 

アポクリン腺の発達の程度によっては、手術が逆効果になってしまうので、それを防ぐためです。

 

血管やリンパ腺など他の器官に影響が少ないのは、直視下剥離法です。

 

名前の通り、わきの皮膚を3センチほど切り開き、アポクリン腺やエリクリン腺を目で確認しから切り取る方法です。

 

術後に色素沈着が起こりにくく、皮膚への負担が少ないのは吸引法です。

 

脂肪吸引に使われる機器を皮膚に数ミリの穴を空けて入れ、アポクリン腺を吸引する方法です。

 

吸引法は、アポクリン腺を全て取り除くことができないのが欠点です。

 

超音波法は、切開した皮膚から発振器を入れて超音波によって、アポクリン腺にダメージを与える方法です。

 

アポクリン腺だけを破壊する周波数なので、他の組織には影響がないようになっています。

 

また、マイクロレーザーでアポクリン腺を焼いてしまう方法もあります。

 

これは、マイクロレーザー法といって、切り開いた皮膚から機器を挿入して行います。

 

体への負担も少なく短時間で終わりますが、それほど高い効果は得られません。

 

ワキガの手術でわきの皮膚にメスを入れることとなりますが、切開の大きさは年々小さくなり、数日で治るようになってきています。