ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




中度のワキガ治療法

 

軽度のワキガの場合、わきを清潔に保つことで臭いなどを抑えることができます。

 

軽度のものとは、汗をかいたら洗浄綿などでふき取ったり、通気性の良い下着を身に着けこまめに着替えたり、制汗スプレーなど自分で簡単にできることで臭いを抑えられる程度のものをいいます。

 

これらの方法で抑えきれないものは中度の部類に入るので。別の方法が必要となります。

 

まず、自分で出来るワキガケアとして腋毛の脱毛などがあります。

 

これは見た目をよくするだけでなく、わきにかく汗の量を抑える効果と、毛穴に通じているアポクリン腺の分泌口をふさぐ効果が得られます。

 

ただ、この方法は時間の経過によってアポクリン腺の分泌口は、毛穴と別の場所に作られてしまうので根治治療となるわけではありません。

 

また、別の方法としてボトックス注射というものがあり、ボトックスをわきに注射することで発汗を司るアセチルコリンの分泌を抑制し、ワキガの原因となるわきからの発汗を抑える効果が期待できます。

 

この治療の効果は長ければ半年程度持続しますが、健康保険の適用外なので、思いのほか治療費が高くつく恐れがあるのが難点といえるでしょう。

 

どの方法が自分の症状にあっているかよく考え相談し、ワキガの早期治療を心がかけましょう。

 

ワキガの早期発見と治療は精神面でも経済面でも、自分の生活を左右するといっても過言ではないので、まずは自分の身体を知ることから始めてみましょう。