ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガ治療と大学病院

 

ワキガの治療法は、ワキガの臭いの元となるアポクリン腺を取り除く方法が一般的です。

 

もし治療を受ける場合、クリニック・病院選び、予算、手術方法、口コミ、アフターケアなどの部分をよく調べて、様々なところを比較してみましょう。

 

大学病院などの総合病院で手術や治療を受ける場合は、保険が適用されるところもあります。

 

保険が適用されれば費用は比較的安くなり、予算を一番に考えている人にはおすすめです。

 

入院手術の治療費が高い場合は、医療費の支給対象になることもあります。

 

健康保険組合や各保険事務所などに問い合わせるとよいでしょう。

 

しかし、大学病院でのワキガ治療にはメリットだけでなく、デメリットもあります。

 

大学病院では、ワキガの治療を専門的に取り扱っているわけではありません。

 

そのため、手術前のカウセリングでワキガと間違って判断し、必要のない手術をしてしまうケースがまれにあります。

 

さらに、ワキガ手術に適した医師を選ぶことも大切です。

 

判断ポイントはいくつかあり、カウンセリングに力を入れているか、手術のメリットとデメリットの明確さ、手術の経験が豊富であること、アフターケアがしっかりしているなどがあげられます。

 

カウンセリングでは躊躇せず、わからないことがあればきちんと伝えておきましょう。

 

些細なことでも質問して不安を取り除くことが大切です。

 

その他にも電話での相談やインターネットを使ったメールの相談などもあります。

 

安心してワキガ手術を任せられる大学病院を見つけてください。