ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガ治療と形成外科

 

ワキガとは、腋臭症と言い、脇の下から強い臭いの出る体質のことを言います。

 

ワキガは、病気ではなく遺伝や体質だと言われています。

 

今では、美容外科や皮膚科、形成外科などのクリニックで、ワキガ治療が受けられる時代になりました。

 

また、ワキガの治療法の種類も、脱毛やボトックス、クアドラカット法、剪除法と様々です。

 

脱毛は、レーザーや針で汗腺を破壊する方法で、ボトックスは、汗腺の働きを抑える効果があります。

 

クアドラカット法とは、切開をして腺を切除する方法で、剪除法は、ハサミで直視下に腺を切除します。

 

また、アポクリン汗腺を取り除く際に、一つ一つ目で確認しながら進めていく作業でもあります。

 

症状が軽症〜中等度のものであれば、わき毛の脱毛やボトックスによる治療で改善し、重症のワキガは手術でアポクリン腺を取り除くのがよいでしょう。

 

手術後の運動制限や生活習慣の制限は施術方法によって異なりますが、場合によってはほぼ永久的に効果が持続する治療もあります。

 

外科のホームページや口コミ、パンフレットを参考にして、どんな種類の治療法があるのかチェックしてみましょう。

 

特に、ボトックスは、手術や治療に抵抗があるという方や仕事が忙しくて治療・手術が難しいという場合におすすめです。

 

手術をする前に気をつけておくポイントは、カウンセリングをきちんと受けること、治療方法や予算、アフターケアなどの説明をよく聞いておくことなどがあります。

 

それらを含め自分が納得した方法を選択するのが一番良い方法でしょう。