ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガの治療薬

 

ワキガの程度がそれほどひどくない場合、治療薬で対策を行うことが出来ます。

 

ワキガの治療薬で一般に販売されているものには、殺菌作用のある制汗剤があります。

 

わきの雑菌を増やさないようにして、においを抑えるものです。

 

ワキガの治療薬で医師の診察によって処方してもらう治療薬に、アクアチムクリームがあります。

 

この薬は、ジフロキサシンという成分を1%配合した薬で、皮膚についている細菌に作用して、アポクリン腺から分泌される汗を分解して臭いを抑えます。

 

また、H・ミッテルクリームは、ワキガの原因となる細菌に効果を発揮し、ハーブセージとアルテアの2種類のハーブで皮膚を守ります。

 

塗り薬は、時間が経つと効果がなくなってしまいますので、1日に何回か塗るようにしてください。

 

塗りなおす時には、汗などを濡れたタオルで拭き取り、きれいにしてから塗りなおすようにします。

 

ワキガの治療薬で服用する薬では、においを抑えるというよりも、汗をでにくくするといった作用のある、フェノキシベンザミンやプロパテリンなどを服用するようになります。

 

汗の出る量が比較的多い人は、汗の量を抑えることができ、細菌の繁殖も抑えられる効果が期待できます。

 

効果は人によって様々で即効性はありませんが、消臭効果がある食品から作られたものや、漢方薬などを継続的に飲み続けることで治療に繋がります。