ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガの症状

 

ワキガには、いくつかの困った症状があります。

 

まず、ワキガ体質の方が一番悩んでいるのは、独特の臭いでしょう。

 

この腋臭の臭いのもとは汗ですが、汗をかくことにより様々な菌が繁殖し、発酵することでおこるものです。

 

汗にはエクリン汗腺から出るものとアポクリン汗腺からでるものがあり、このうちのアポクリン汗腺からでる汗が独特の臭いを発することになります。

 

この汗は乳白色をしており、臭いもあります。

 

脇の下や性器の周辺、耳の中などの場所に集中しているのも特徴です。

 

特に夏場などは、どうしても汗をかきやすくなりますから、いくら清潔にしているつもりでも、臭いがしてきます。

 

また、ワキガの方の着る服は、黄ばみやすいです。

 

特に脇の下などの汗を多くかいてしまう部分は、すぐに黄ばんでしまい、男性のYシャツなどはシミがつきやすく、洗濯でもなかなか落ちてくれません。

 

これは、アポクリン汗腺から出る汗には粘りがあることからおきてしまうのです。

 

また、ワキガの人は、多汗症である場合も多いです。

 

汗を多くかけば、臭いが出てくるのも早くなりますし、雑菌の繁殖も激しくなります。

 

しかし、夏場よりも冬のほうが、余計に臭いがきつく感じることがあります。

 

それは、夏は薄着で過ごす事が多いですし、汗もすぐに乾くのですが、冬は厚着をするために汗や臭いを閉じ込めることが多いためです。