ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




すそわきがの手術

 

すそわきがを治す方法として手術があります。

 

一般のわきがと違い、患部がとてもデリケートな場所になるので、皮膚を切開して切り取ると言うような手術は行うことができません。

 

最近行わるようになった手術方法で、超音波治療法と呼ばれるものがあります。

 

国内で行われる手術の中でも、最先端の手術方法です。

 

数ミリ程度切開した皮膚の中に、超音波を発生させるハンドピースという器具を挿入し、すそわきがの原因であるアポクリン汗腺、エクリン汗腺を破壊します。

 

通常の手術よりも、傷跡も小さく、また短時間で行えます。

 

今までの手術では、皮下組織を毛根まで取り除くことがほとんどでしたが、超音波治療では陰毛を残すこともできます。

 

もう一つスソワキガの手術としてよく行われているのが電気凝固法です。

 

永久脱毛に用いられていた方法で、毛根に針を刺して電気を流すことでアポクリン汗腺を凝固させて、においの発生を抑えるものです。

 

切開では取り除けない小さなアポクリン汗腺を取り除くことができますが、肉眼で見ながら行うわけではないので、完全に取りきることはできません。

 

あと一つすそわきがの治療法として有効なのが、ボトックス注射です。

 

多汗症の治療にも用いられており、注射をすることでアポクリン汗腺の活動を抑え、汗の量と匂いを抑えるものです。

 

副作用も少なく簡単に行える治療法ですが、効果は永久的ではありません。

 

効き目は半年から一年と言われています。