ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




すそわきがの症状

 

すそわきがは、陰部や乳首、おへそのあたりから、臭いがするという症状がでます。

 

わきの下だけに、臭いが発生するわけではないのです。

 

しかし実際、わきの下のわきがより、発生する確率自体は少ないと言われています。

 

性行為やトイレで臭う臭いともまた違います。

 

すそわきがの臭いは、わきがと同じ臭いであると言われています。

 

また、原因はストレスである可能性が強くあるとも言われています。

 

臭いの原因の一つとして、皮脂腺が関連しています。

 

この皮脂腺は頭、鼻、胸、おでこ、背中などが活発に働いていて、髪や肌の乾燥を防いで潤いや殺菌を守ってくれる働きがあります。

 

皮脂腺は、思春期によく働くので、ニキビができやすくなるのです。

 

ちょうど、わきがが発生しやすくなるのも、思春期からと言われています。

 

また、アポクリン汗腺からでてくる分泌物も原因の一つです。

 

最初は無臭だとしても、細菌によって成分が分解されて、臭いが発生します。

 

放っておくと、細菌が増えて、臭いが強くなってしまいます。

 

脂肪、アンモニア、たんぱく質、色素、鉄分、蛍光物質などが分泌物には含まれており、臭いの原因にも関わってきます。

 

また、陰部は下着をずっとつけたままの状態のため、細菌や雑菌が増えやすい環境になっています。

 

すそわきがの原因となるものが混じって、嫌な臭いがでてくるのです。