ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




クアドラカット法

 

クワドラカット法は、吸引管の先端に電気カミソリに似た刃がついていて、汗腺を削って吸引除去するワキガ手術法です。

 

クワドラカット法は数年前に開発された最新のワキガ手術方法です。

 

クアドラカット法は、改良が重ねられた結果、5mmほど切開するだけで済みます。

 

また、切開剪除法と同じぐらい再発の心配がなく、治癒の可能性が高いワキガ治療です。

 

クアドラカット法の手術時間は約1時間ですが、術後の固定やシャワーを浴びられない期間が短く、入院の必要もないので、日常生活への影響も最小限度です。

 

傷跡が小さく、切開する手術法の中では回復が早いので、通院回数も少なく済みます。

 

術後の皮膚のトラブルも極めて少ないこともメリットです。

 

今までは、多くのワキガ治療法は体への負担が大きかったりリスクが高かったりと、片方ずつ行うことが今までの手術のセオリーでした。

 

しかし、クアドラカット法は、体への負担が少なく術後のケアにもあまり時間がかからないため、両脇を一度に治療することが可能です。

 

どうしても安全にワキガを治したい人にとっては、最良の治療法になります。

 

ただし、クアドラカット法は健康保険適用外なので、費用が高額になってしまうのがデメリットです。

 

平均的なクアドラカット法の治療費は、両わきで40万円です。

 

最近ではクアドラカット法を導入するようになったクリニックが多いのですが、クアドラカット法の実績が少ないところも多く、信頼と実績を見極めるのが大変なこともデメリットの要因になります。