ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




直視下摘除法

 

直視下摘除法は、ワキガ手術法の一つで再発の恐れが低い完全治癒方法です。

 

直視下摘除法は、脇の皮膚を3センチほど切り開き、そこから皮膚を裏返しにします。

 

そして、医師が肉眼で裏返しにした部分にあるワキガの原因であるアポクリン汗腺を除去していきます。

 

医師が確実に除去していく方法なので、ワキガの原因である汗腺組織を確実に取り除くことができます。

 

そのため、直視下摘除法は、ワキガ手術の完全治癒方法と言われている方法の一つです。

 

患部の範囲によりますが、手術時間も30分から1時間程度で終了します。

 

また、直視下摘除法はワキガを抑えるだけではありません。

 

脇の皮膚を裏返して手術しているので、毛母細胞自体も除去してしまいます。

 

そうすることで、併せて永久脱毛の効果も得ることができるのです。

 

ただし、術後には患部を固定しますので、腕を上下に動かすことが困難になります。

 

手術後に脇をすぐに広げる動きをすると、傷口が開く可能性が出てきてしまいます。

 

きちんと手術後のケアも行っていれば、傷口は自然とほぼ見えないようになります。

 

直視下摘除法は、簡単にそして綺麗にワキガが治癒できる方法と言えるでしょう。

 

完全治癒方法の直視下摘除法のデメリットですが、保険が効かないので手術費用が高額になってしまうことです。

 

一般的に直視下摘除法の手術費用は30万前後での設定が多いようです。

 

ワキガの完全治癒が出来てこの値段なら、一生デオドラント製品などに頼ることに比べたら安いものと考えられるでしょう。