ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




切らないワキガ手術

 

ワキガの臭いは、本人が気になるだけではなく、周囲の人にも迷惑をかけます。

 

できるだけ治療を受けて、治してしまうことがおすすめです。

 

しかし、本格的な手術となると、どうしても脇の下を切開する必要がありますので、傷が治るまでに時間がかかりますし、多少の傷跡が残ってしまいます。

 

仕事の都合などで、なかなか手術が受けられないという人や、切開することに抵抗がある人は、切開しないワキガの手術もありますので、そのような手術を検討してみてはいかがでしょうか。

 

切開しないワキガの手術には、ボトックス注射やレーザー治療などがあります。

 

ボトックス注射は、脇の下にボツリヌス菌を注射し、汗腺とアポクリン腺の働きを抑え、ワキガを一時的に改善します。

 

注射をするだけですので、短時間で治療も終わりますが、ボツリヌス菌の効果は時間と共に薄れてきますので、定期的に治療を受ける必要があります。

 

また、レーザー治療は、レーザーでわき毛ごと汗腺やアポクリン腺を焼いてしまう治療法です。

 

レーザーで焼いてしまうことで、汗腺もアポクリン腺も消滅してしまいますので、ワキガの臭いが軽減されます。

 

しかし、一度の治療で完全に取りきることができませんので、数回の治療が必要になります。

 

ワキガを切開せずに改善する方法は、他にも色々あります。

 

まずは、一人で悩まずに、医師に相談してみましょう。