ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガ手術の目的

 

近年、動物性脂質を多く摂取するようになり欧米化の食生活に近くなりました。

 

そのために、色々な生活習慣病などにかかる人が多くなってきています。

 

また、生活習慣病以外の病気も増えてきています。

 

その一つにワキガや多汗症があります。

 

動物性脂質を多く摂取することや、お酒やたばこなどの大量摂取などにより、ワキガの原因となるアポクリン腺が刺激され、独特なにおいが発生してしまうのです。

 

ワキガの治療をするには様々な方法があり、食生活を改善することはもちろんですが、その他に適度の運動をすることや、東洋医学の漢方薬も体質改善に効果があります。

 

しかし、一番確実で時間も短く、しっかりと治す方法としては手術をすることです。

 

ワキガの手術方法は色々ありますが、その目的としては、強烈なにおいや大量の発汗を治療することです。

 

強烈な臭いの原因となるアポクリン汗腺をしっかり除去することが、手術の一番の目的となっています。

 

以前はわきを大きく切開して皮膚ごと切除してしまう方法などもありました。

 

大きく切開することにより、手術のあとが大きく残ってしまうということが多々あったため、ワキガ手術の後であると容易に他人に知られてしまうという、精神的な苦痛が多くありました。

 

しかし、近年では医学も発達してきたため、数ミリや数センチ程度の小さな傷でアポクリン汗腺を除去できるようになっています。