ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガ手術の歴史

 

最近ではワキガや多汗症になる人が増えています。

 

このワキガを治療するには、今では色々な方法があります。

 

例えば、食生活を改善することや、運動などによる方法、その他に東洋医学として漢方薬などを服用する方法もあります。

 

今では西洋医学も発達していて、においの原因となるアポクリン汗腺を除去する方法なども効果的です。

 

また、さかのぼってワキガ治療の歴史をみると色々な方法がありました。

 

昔の手術というのは、今とは違い大きく傷跡が残るような手術の方法です。

 

ワキガ特有のにおいを消すためには、アポクリン汗腺を取る手術を行うということは今と同じ考え方です。

 

しかし、昔は皮膚を取り除いてワキガの手術を行っていたので、傷痕が大きく残ってしまうのが主流となっていました。

 

そのため、その傷痕というのはとても目立ち、ワキガの手術を行ったということが、他人にわかってしまうという欠点がありました。

 

その後、そういった傷痕を残さないような手術が研究されて、今のように小さく穴をあけてアポクリン汗腺だけを取り除くという方法になったのです。

 

ワキガ手術の技術はどんどん上がり、傷痕がほとんど残らないので、他人にもわからず自然に生活ができるようになりました。

 

このように、年々色々な技術が改良され、今後もますますいい方法が考えられることでしょう。