ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガ治療とイオントフォレーゼ

 

日本人にも最近は多汗症やワキガに悩む人が多く、色々なワキガ治療法があります。

 

ワキガが増えた原因として一番の理由が食生活の欧米化とされているため、まず食生活の改善が第一とされ、その他には、ワキガは体質によるものが多いとされ、体質改善を目的とする東洋医学の漢方薬を服用する方法もあります。

 

また、外科的療法として、手術によって直接的要因を排除する方法も考えられいます。

 

色々な外科的療法として、イオントフォレーゼというのがあります。

 

イオントフォレーゼとは、脇の下に電流を流すことにより、アポクリン汗腺の出口を壊してしまうという方法です。

 

それによって、臭いの原因とされるアポクリン腺からの汗をなくし治療しようと考えられた外科的療法です。

 

しかし、このイオントフォレーゼという方法は、ほとんど効果がないといいます。

 

イオントフォレーゼはアポクリン汗腺の出口を壊すだけで、アポクリン汗腺自体には何のダメージを与えているわけでもありません。

 

よって、出口が再生されることにより、またワキガが発生してしまうのです。

 

そのため、1〜2週間で元に戻ってしまいます。

 

そればかりか、このイオントフォレーゼ解消法は毛穴が開いてしまい、汗や皮脂の分泌が活発となり、逆にワキガの臭いが強くなるといったことがあります。

 

最近はイオントフォレーゼという治療法は、ほとんど使われていないようです。