ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガになる原因は?

 

ワキガの原因の一つとされているのは遺伝です。

 

そもそも腋臭は優性遺伝子のため、普通の遺伝子よりも受け継がれやすくなっています。

 

実際に親がワキガである場合には、5割程度の確率で子供にワキガ体質が遺伝するとも言われています。

 

さらに食生活にも原因があるようです。

 

肉類や乳製品を多く摂取してしまうと、アポクリン腺からの分泌物に臭いの原因となる脂肪成分が増えてしまいます。

 

さらに皮脂の分泌も過剰になってしまうため、それらの要素がワキガの原因となってしまい、悪臭が発生してしまいます。

 

さらに高カロリーのものを多く食べていると、肥満になってしまい、皮脂腺が臭いの原因であるアポクリン汗腺を刺し、それが引き金となって発症してしまうケースもあるようです。

 

また、もうひとつの原因といわれているのがストレスです。

 

仕事でストレスを多く抱えている人や受験や就職活動などでストレスを抱える学生もワキガになりやすいと言われています。

 

というのも、ストレスを感じるということは、嫌だと思っていたり、緊張している精神状態にあるわけで、そうした状況下では自然と汗の分泌が増加して、それがワキガの原因になってしまうというわけです。

 

実際に、今までは臭いで悩むことなどなかったのに、職場や環境が変わってから症状が急に出たというようなケースもあります。