ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガ治療と電気分解法

 

ワキガの治療法の一つとして、「電気分解法」と呼ばれる方法があります。

 

この治療法は、電気脱毛と同じ原理での治療で、直流の電流による永久脱毛の方法が、応用されてできたワキガの治療方法です。

 

汗腺の毛穴に細い針を刺し、そこに電流を流すことで、毛根のほかアポクリン汗腺などの皮脂腺も壊れます。

 

それにより、アポクリン汗腺からの汗の量が減るため、臭いが軽減されるのです。

 

しかし、一度に処理できる数には限りがあり、とても長い期間を要します。

 

また、電気分解法をエステで行う場合は麻酔を使うことが出来ませんので、痛みに耐えなければなりません。

 

病院で行う場合は、麻酔を使うことが出来ますので、痛みに関しての問題はありませんが、かかる期間は、半年から1年とエステで電気分解法を行った場合と変わりません。

 

それでも完全にワキガが治れば良いのですが、電気分解法ではワキガの原因であるアポクリン汗腺を全て除去することはできないのです。

 

つまり、電気分解法では、ワキガを完全に治すことは出来ず、症状が緩和されるだけにすぎません。

 

しかし、症状が軽い場合には、臭いが軽減されることでかなり症状は改善されます。

 

治療が全て終わるまでには時間はかかりますが、入院の必要はありませんので、軽度のワキガの人が症状を緩和させるための方法として、電気分解法は効果的と言えます。