ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガ治療と薬

 

ワキガの薬と呼ばれるものには、皮膚の上から使用する塗るタイプと、内服するタイプがあります。

 

内服治療の場合、クリニックに行って相談し、自分に合った薬を処方してもらうことが必要になってきます。

 

インターネットで探してみると、ワキガの専門医などもいますから、口コミなどを利用して、専門医に相談をしてみると良いでしょう。

 

内服するタイプのものは、制汗作用のある薬を服用し、汗をかかないようにすることで、嫌な臭いを軽減させるものになります。

 

ワキガそのものの治療ではなく、臭いの原因を発生しにくくするための薬で、多汗症に使われるものを使うことが多いようです。

 

塗るタイプのものは、ドラッグストアなどでも、様々な種類のものが販売されています。

 

塗るタイプのものは、内服薬同様に制汗作用のあるタイプ、また殺菌作用のあるタイプがあります。

 

殺菌作用のある成分で、雑菌を増やさないようにすることにより、ワキガの嫌な臭いの発生を軽減するというものなのです。

 

つまり、薬による治療は、一時的に臭いの原因を取り除くものでしかなく、根本的にワキガが治るというわけではありません。

 

またワキガの程度は、人によって異なりますので、薬を飲んだり塗ったからと言って、誰にでも絶対に効果があるとは限りません。

 

しかし、根本的なアポクリン腺を取り除く治療と比べると時間も費用も少なくて済み、臭いを軽減するだけになりますが、比較的手軽に行える方法です。