ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガと柴胡桂枝乾姜湯の関係

 

近年、多汗症やワキガに悩む人が多く、形成外科などで手術してもらう人もいるようです。

 

また、自宅でしっかりとしたワキガ予防などのケアをおこなっている人も多いようです。

 

その他の方法として、最近は東洋医学の漢方薬を用いたワキガ対策も効果があるとされています。

 

適切な漢方薬を服用することで、身体の内部から治療をして、ワキガや多汗症の体質を改善するという目的で、色々な有効な漢方薬があります。

 

例えば、五苓散加牡蠣黄著(ごれいさんかぼれいおおぎ)、桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)などが効果があるとされています。

 

漢字を見てもらえば分かりますが、多くのものは黄著(おうぎ)とよばれる漢方薬を配合しているものが多いのですが、その理由として黄耆エキスが、汗を抑えるワキガに効くと言われてれいるためです。

 

それとは異なり、柴胡桂枝乾姜湯の主な働きとしては、心と身体を穏やかにするという働きがあります。

 

柴胡桂枝乾姜湯は、主にストレスによって多汗症やワキガになっている人などに効果があるようです。

 

また、柴胡桂枝乾姜湯は自律神経などを患っている人にも有効です。

 

柴胡桂枝乾姜湯などを含めたこのような漢方薬は、しっかりとした知識の上で、適切な分量などがありますので、漢方薬に詳しい専門家に処方してもらうことが重要です。