ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガと五苓散加牡蠣黄著の関係

 

ワキガ対策には、色々な方法があります。

 

まず欧米化になりつつある食事を、動物性脂質の少ない日本食を多く取り入れたり、適度な運動をしたりして改善する方法や、近年は医学も発達していますので、皮膚科や美容外科に行って手術によって解消することも可能になっています。

 

また、漢方薬を服用するという東洋医学も効果があります。

 

東洋医学は西洋医学の手術のように短期間で治るものと違い、身体に負担をかけずに徐々に体質改善をすることが目的とされています。

 

ワキガや多汗症などに有効と言われる漢方薬には色々あり、防己黄著湯加牡蠣(ぼういおうぎとうかぼれい)や白虎湯加減(びゃっことうかげん)、また五苓散加牡蠣黄著(ごれいさんかぼれいおおぎ)など効果があるとされています。

 

中でも五苓散加牡蠣黄著には汗を抑える働きがあり、ワキガ対策だけではなく多汗症や異常発汗にも効果があります。

 

五苓散加牡蠣黄著に含まれる成分の黄耆(おうぎ)エキスが、ワキガに効くと言われテレ折、ワキガの強さによって、その黄耆の成分の量を調整する必要があります。

 

また、五苓散加牡蠣黄著に含まれる五苓散には、水分循環を改善して、むだな水分を取り除く働きもあります。

 

五苓散加牡蠣黄著に限らず、その他の漢方薬もワキガを身体の内側から治し、更に他の病気などにも効果があります。

 

ワキガの手術をしない場合は、漢方薬でゆっくりと体質改善を行うことをお勧めします。