ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガと防己黄著湯加牡蠣の関係

 

日本人というのは、もともと野菜や穀物を多く摂取する人種のため、ワキガなどにはあまりならないと言われています。

 

しかし、近年は食生活が欧米化したことによって、動物性脂質を多く摂取するようになり、ワキガで悩む人も増えてきているようです。

 

ワキガの治療法としては、自分で食生活を改善したりしっかりとしたケアをしたり、また、皮膚科などに通い外科手術によっても解消できるようになっています。

 

手術のような西洋医学だけではなく、東洋医学の漢方薬などもワキガ対策に効果があるとされています。

 

東洋医学は手術とは違い、時間をかけてゆっくりと体質改善をすることが目的です。

 

ワキガや多汗症などに有効と言われる漢方薬には色々あります。

 

例えば、防己黄著湯加牡蠣(ぼういおうぎとうかぼれい)などもワキガ対策に良いとされています。

 

防己黄著湯加牡蠣には汗を抑える働きがあり、身体の内側からワキガ対策を行うことができます。

 

防己黄著湯加牡蠣に含まれる成分の黄耆(おうぎ)エキスが、ワキガに効くと言われているのですが、臭いの強さによって、成分の量を調整する必要があります。

 

この防己黄著湯加牡蠣に含まれる黄耆には、利尿作用もあり、強壮剤で肌の表面の水毒を取り去る効果もありますので最適です。

 

防己黄著湯加牡蠣は漢方薬で体に悪いことはありません。

 

防己黄著湯加牡蠣以外にもワキガ対策の漢方薬は色々ありますので、その他の漢方薬なども試してみる価値はあると思います。