ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




水分補給をする

 

近年は食生活の欧米化により、動物性食品を摂取する機会が増えたことが原因で、ワキガになる人が増えているようです。

 

その他にもクーラーなどにより汗をかく機会が少なくなったことで、汗腺が衰えたことも原因の一つでしょう。

 

ワキガの臭いが強くなる要因となるのは、アルコールの摂取やたばこのニコチンなどです。

 

それによってアポクリン腺が刺激されて汗が発生しやすくなり、更に皮膚の表面の細菌などの作用により、あの独特の異臭を発生させるのです。

 

ワキガの人には、汗を多くかく多汗症の人が多いと言われています。

 

それではワキガの人は水分を取らなければあまり汗をかかずにすむので、対策として有効だと考えがちですがそうではありません。

 

多汗症は体質ですので、水分を取りすぎるために汗をかいてしまうというのは、あまり関係は無いと言われています。

 

逆に水分を取らなければ、汗が出て来た時の成分が濃くなって、においが強くなる原因になります。

 

また、水分をとらなければ新陳代謝も悪くなり、便秘などにもなってしまうので、身体にとっても悪循環です。

 

したがってワキガの人は、特に水分補給をしっかりとすることが重要です。

 

水分補給をすることで良い汗がたくさん出るようになり、体に溜まった老廃物を流すことにより臭いを軽減することができます。

 

逆に体の中の水分が足りないと汗をかいた時の濃度が濃くなるので、ワキガの人は汗をかくと臭いがきつくなります。

 

つまり、水分補給が足りない人ほどワキガの臭いがきつくなるのです。

 

こまめに水分補給をすることでワキガの臭いを抑えることができますので、どんどん汗をかく習慣をつけましょう。