ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




野菜中心の食事にする

 

夏になると特に気になるワキガですが、これはわきの下の汗腺や出る汗に原因があります。

 

脇の下にあるアポクリン汗腺から出る汗が独特な臭いの元となってワキガ臭が発生します。

 

その多くは遺伝性のものですが、一時的なホルモンの関係で体臭が強くなることも、ワキガの人に限らずある自然現象です。

 

しかし、体臭が強くなる原因として大きく関わっているのは食生活とも言えます。

 

個々の体質にもよって症状が出やすかったり、出にくかったりはありますが、肉中心の食事や高カロリー・高脂肪な食事は体臭を強くしてしまいます。

 

野菜よりも肉や脂分を好んで食べる方は要注意です。

 

このような偏った食生活が続くと、余計な皮下脂肪を蓄積してしまいます。

 

それが元となり、質の悪い皮脂などが多量に分泌されてしまい、雑菌が繁殖します。

 

逆に野菜を多く摂取することで、健康的な新陳代謝が促され、循環がよくなり、汗自体の質が良くなりますので、臭いの原因は軽減されます。

 

特に緑黄色系の野菜に多く含まれるビタミンは体の抵抗力を高めますので、汗をかいた部分に雑菌が繁殖するのを抑制することができます。

 

野菜に含まれる、ビタミンEを摂取することにより、ワキガの元となる過酸化脂が作られにくくなります。

 

体臭やワキガを気にする方は積極的に摂取したい成分です。

 

緑黄色野菜を中心とした野菜を多く摂取する事で、健康な体内循環を作りあげ、ワキガの臭いも軽減できるのです。