ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




和食中心の食事にする

 

現代の日本では、和食が中心の食文化が減りつつあり、逆に欧米化した食事が目立ちます。

 

食生活の変化や過剰摂取などバランスの悪い食事は、体臭を強くする要因です。

 

脂質・動物性たんぱく質を摂取し過ぎる食事は、ワキガの臭いを強くしてしまいます。

 

ワキガの場合は、遺伝性も強いですが、日常生活で臭いを軽減させることは可能です。

 

食生活は体臭とかなり深い関係があり、日本人本来の和食ではなく、肉や油分、乳製品の過剰摂取や、ビタミン不足によって汗などの分泌物の臭いは変化します。

 

健康な血液はサラサラなのに対して、不健康な人の血は酸性が強くドロドロしています。

 

ワキガの場合、わきの下に汗が出ることによって臭いに繋がりますので、その汗の質が悪く不健康で抵抗力を失っていると、汗をかいた部分に雑菌が繁殖しやすくなってしまい、雑菌の繁殖が原因でさらにワキガの臭いも強くなってしまうのです。

 

和食中心の食生活に心がけ、健康的な食生活をすることによって、これらの要因は改善され、臭いの軽減につながります。

 

ワキガの治療や手術は有効的ですが、日常生活の中で少しでも要因を取り除く方法として、和食を心がけることも有効な対策の一つと言えますし、健康維持と体臭軽減の対策として、日本人古来の「和食」はとてもお勧めです。

 

「和食」には、ワキガの対策だけでなく、その他のメリットもたくさんあります。