ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




高カロリーの食事をしない

 

人間にはそれぞれ個人によって異なる臭いである体臭があります。

 

体臭とは、体内から出る汗や油などの臭いを指しています。

 

体臭が発生する原因は主に脂質の酸化で、ワキガも体臭の一つです。

 

ワキガが一般的な体臭と違う点は、その臭いは脇の下やデリケートゾーン限定で、独特な臭いがあり、清潔にしていても臭いが出るという点です。

 

普通、体臭ならば入浴などで臭いは取れますが、ワキガはそうではないのです。

 

ワキガの臭いは生活習慣によっても強くなることがあります。

 

こまめな入浴はもちろんのこと、高カロリーな食事や乳製品の取り過ぎ、ビタミン不足な食事やお酒の飲み過ぎなど、偏った食生活も大きく関わっています。

 

欧米食のような高カロリーな食事は、脂質を多く含んでいるため、皮脂のつまりや過酸化脂質の増加を促し、結果的には臭いが強くなります。

 

また、高カロリーな食事は体内の循環を悪くしてしまう原因ともなります。

 

それによって、体外に出てくる汗や油の質が悪くなり、抵抗力も落てしまいます。

 

高カロリーの食事などが原因で新陳代謝が衰え、抵抗力が落ちてしまうと、汗に雑菌が繁殖するスピードも早くなってしまい、ワキガの臭いも強くなります。

 

元々、日本人は和食が最もふさわしい体質でもありますので、体臭の改善には高カロリーを避け、バランスの良い和食にすることが最善です。