ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ジャンクフードを食べ過ぎない

 

ワキガの原因は、わきの下にある汗線が関係していますが、その汗線を刺激するものが、ジャンクフードや肉類などの動物性脂肪などをたっぷり含んだ食品になります。

 

欧米の人にワキガの人が多いのは、このような食生活に原因があると考えられています。

 

ワキガの原因となるハンバーガーやピザ、フライドチキンなどジャンクフードの多くは、カロリーの高い食べ物ばかりです。

 

また、ジャンクフードと一緒に飲むことの多いジュースや炭酸飲料で、さらにカロリーを多く摂取してしまうことになります。

 

このような高カロリーのものを食べてばかりいると、カロリーオーバーしてしまい皮下脂肪が溜まりやすくなります。

 

この皮下脂肪も、ワキガの原因の一つです。

 

ジャンクフードをたまに食べるくらいなら支障はありませんが、毎日のようにこのような食品を食べ続けると、ワキガになる確率も高くなってきます。

 

また、ジャンクフードの中にはチーズやお肉など、ワキガの原因とされる食品が多く使用されていることも原因と考えられます。

 

ジャンクフードを食べ続けていれば、体臭だけではなく、肥満や糖尿病などの他の病気にも繋がってきます。

 

体のためにも体臭のためにも、野菜や魚なども食べ、和食中心の生活を基本とすると良いでしょう。

 

和食の中で納豆やみそ汁、豆腐を多く摂取すると良いとされています。

 

また、アルコールの飲みすぎにも注意が必要です。

 

毎日の食事を規則正しい物にし、体調管理をすることが肝心です。