ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




揚げ物を食べ過ぎない

 

ワキガと食生活には、密接な関係があります。

 

しかし、自分でワキガだということに気がつかないケースがほとんどのようです。

 

また、家族も臭いになれてしまっていて、他人に指摘されて初めてわかる人も少なくありません。

 

食事は肉類や揚げ物のような油っこいものを好んで食べたり、お酒が好きでたくさん飲む人はワキガになる確率が高くなります。

 

揚げ物といっても、カツや唐揚げばかりが揚げ物ではありません。

 

フライドポテトやファストフードでの食べ物も油を使ったものが多いものです。

 

コンピニなどのお弁当も、揚げ物が多くなりがちです。

 

例えば、それらのものが好きでよく食べるような人は、回数を減らしたり、和食を中心とした食事にすると良いでしょう。

 

和食の中でも豆腐や納豆はワキガの人には良いとされていますから、揚げ物など油っこいものの代わりに食事に取り入れてみると良いでしょう。

 

ワキガを気にしていて治療しようと考えている人は、まず食事を見直す必要があります。

 

しかし、揚げ物だけが悪いわけではありませんから、油を使う時も少し量を減らすなどして工夫をして食事をすると良いでしょう。

 

油っこい食事が多ければ回数を減らしたり、アルコールをよく飲むようであれば禁酒をしてみるのも一つの方法です。

 

ワキガの治療は色々ありますが、食生活を含んだ生活全般を見直し、体質を改善することも必要です。