ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




乳製品を食べ過ぎない

 

乳製品は、ワキガととても関係が深い食品の一つです。

 

ワキガの原因は、食生活にあると言われているほどです。

 

最近の食生活は、日本でも肉などが中心となり欧米化しつつあります。

 

そのため、ワキガなどの体臭に悩んでいる人も増えてきているようです。

 

洋食が中心となったことにより、肉類と同時に乳製品を摂る機会も増えたのではないでしょうか。

 

グラタンやドリアにも牛乳は使われますし、クリーム系のソースなどにも牛乳が多く使われています。

 

その他、ケーキなどのスイーツ類にも乳製品は多く使われています。

 

ワキガの原因とされるものは、このような動物性の脂肪分の中に含まれる成分です。

 

動物性の脂肪も体には必要で、摂取しなくても良いというわけではありません。

 

しかし、毎日たくさん摂取することによりワキガになる可能性が高くなります。

 

動物性の脂肪と言うと乳製品もあげられますから、摂取のしすぎには注意が必要です。

 

乳製品はヨーグルトや牛乳もそうですが、グラタンやパスタなど乳製品が食事に利用されている場合は、カロリーが高くなることが多くなります。

 

カロリーが高く香辛料を使用しているものは、ワキガの原因になりやすいので食べすぎには注意が必要です。

 

食べるのをやめるのではなく、回数を減らし、魚や野菜、豆腐や納豆など和食も食べるようにすると良いでしょう。