ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




親がワキガである

 

ワキガとは、脇の下にかく汗が原因となり、独特の不快な臭いを放つ症状のことです。

 

この症状には遺伝性がありますので、父か母のどちらか、または両親ともにワキガの場合、80%もの高い確率で親から子にワキガが遺伝することが明らかになっています。

 

他の人から見れば、強烈な臭いを放っているにもかかわらず、まったく自覚していない方も少なくありません。

 

これは、自分の臭いに慣れてしまっていることのほか、生まれた時から親のワキガ臭を嗅ぎ続けている場合が多く、その臭いに慣れてしまっているせいです。

 

このように、家族にワキガの人がいる場合には、気づきにくいので注意が必要です。

 

わきに、汗をかいたらすぐに拭取り、清潔にしていればワキガの臭いは弱くなります。

 

しかし、拭き取るだけで完全に臭いをなくすことは困難で、レーザーなどでの治療も必要になります。

 

臭いが強くなってくる年齢としては、性ホルモンの分泌が盛んになる思春期頃で、親からの遺伝性があることは確かでも、小さなお子さんの場合は症状がないこともあります。

 

しかし、遺伝の可能性がある場合は、親が注意して経過を見ることが大切です。

 

成長期途中やその前のお子さんの場合、アポクリン腺も発達途中であり、手術などでは完全に取りきれないため、投薬や薬用デオドラントでのケアが中心となります。