ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




脂っこい食べ物が好きである

 

私達の体から体臭として発散されるにおい成分はすべて食べものから摂取したものが、原料となり、汗や皮脂として一緒に体外へ排出された臭いです。

 

食事と体臭とは密接な関係がありますが、食べもの自体が持っている臭いが、摂取したことで、全て同じ臭いが体臭として出るわけでもないのです。

 

理由として、摂取した食べものや臭いの物質は体内で分解され、エネルギーとして、体の構成物に合成され、蓄積されたりして、その後体外に排泄されるためです。

 

ですから、「くさや」を食べたからといって、その臭いの汗が出てくる事はないのです。

 

これらの臭いの成分は、体内の肝臓なで代謝され、尿に排泄されてしまいます。

 

しかし幾つかの食べ物は、その食べ物の臭いがそのまま出ます。

 

ニラやニンニクがその食べ物にあたります。

 

ニンニクのアリシンという物質は体内で分解されますが、この物質自体が分解されてもなお臭い物質だというのが原因です。

 

しかし、息や口臭としては、どの食べものも臭いとして排出されるのも事実です。

 

単なる体臭でのみではなくワキガの場合においては、これらだけが原因ではないもので、他の人よりも強い臭いの放出要因が多いこともあります。

 

ワキガの場合でも食事との因果関係は少なからずあります。

 

特に脂っこい物やアルコールもワキガの要因となり得るものですから、ワキガの人はワキガ治療と併用して、日常の食事からの臭い元を絶つことも必要です。